透明酸化物光・電子材料研究会

Research committee on Transparent Oxide Materials for Optics and Electronics

 

目的

 本研究会は、日本学術振興会における透明酸化物光・電子材料第166 委員会での24 年間 の活動をもとに、さらなる発展を目指して設置された研究会です。 透明酸化物光・電子材料は近未来における通信・情報のマルチメディア化を実現するため の必須構成要素です。

 本研究会では、透明・高伝導性酸化物材料、および光ファイバと平面 導波路素子に関する物質探索、合成・薄膜作製プロセス科学、および物性・機能開拓などの シーズ研究と、材料作製および素子化技術を主体とした応用研究とを結合し、持続可能な科 学技術の創成を前提とした、

 これら材料の新たな応用展開を促進・支援し、本分野を発展さ せることを目的とします。

 研究会を通した本分野の情報交換、プロジェクト立案・実施等、産学連携を促進し、透明 酸化物光・電子材料のフロンティア拡大を目指します。透明酸化物に関わる様々な企業の参画をお待ちしております。 

活動内容

  1. 学術集会等の開催(年4 回程度)
  2. 技術相談
  3. 調査、研究及び情報の蒐集・提供
  4. 研究開発
  5. 国内外の関係機関、団体等との交流及び協力
  6. 啓発及び普及活動

研究会 

国際会議

事務局等

リンク